53歳 フルマラソンの道

51歳からのフルマラソン完走への記録→完走は2ヶ月で達成。新たに目標設定をして「楽しんで成長するランニング」を継続。現在53歳、50代でもやれます!

50km走 初参加

歳の鬼脚 多摩川ランニング大会

50km走の部

DNF

(GARMIN 30.41km、3時間21分03秒)

 

「歳」は土方歳三のこと。長距離を苦もなく歩き、走りしていたことから司馬遼太郎が鬼脚と呼んだ。それに因んだマラソン大会。50kmと20kmがある。

日野市では毎年この時期に新撰組祭りを開催。その中の行事として行われている。

多摩川の土手と河川敷を走る(走路占有無し)のだけれど、それにしても50kmで5000円は安い。一度フルマラソン超を体験しようとエントリー。

結局、DNFになってしまったが。

 

またもや忙しくて全然走れていない上に数日前から腰がちょっと痛むので、暑さが怖いけれどもタイツを履いて腰から下肢までカバーしてみた。

 スタート前の時間、人工芝グラウンドで体育座りをして待機。そこから立ち上がった瞬間、腰に痛みがきた。

まずいと思いながらも、曇りで気温はそんなに高くないし、少し動いて温まれば治るのではとの期待もあって、そのままスタート。

ゆっくりペースで出て、1km過ぎたあたりでなんとか走れそうだと思った。

ところが3km手前で多摩川土手から河川敷に下りる坂、ここで腰に強い痛み。一回止まってじんわりと再度走り出す。そこからはペース上げずに少し前屈み気味に進む。上り下りもゆっくりと。

 

コースは前半は上流に15km行って折り返し。後半は下流に10km行って折り返し。

15kmの折り返し点のエイドで立ち止まったら、また腰に痛み。少しの間、動けない。

ここでDNFを覚悟した。でもここはスタートゴール会場から最も遠い場所。折り返して走り出す。ゆっくりペース。

29km地点のエイドがスタートゴール会場に1番近い。そこで一旦逡巡してしまい、もう少しとの欲が出て、また走る。しかし、腰の痛みは治らない。

ここからまたスタートゴール会場から離れて行くと、自力で帰れなくなるリスクがまた出てくる。30km過ぎて、止めた。

 

とにかく走れていないのが原因。

筋トレは細切れながらも出来るだけやっていて、入浴後のストレッチは毎日やっている。それでもこうなってしまうのは運動不足ということなのだろう。

 

帰りに荷物を背負って駅まで歩くのがきつかったが、なんとか帰宅。

 

まずは腰痛治したい。