53歳 フルマラソンの道

51歳からのフルマラソン完走への記録→完走は2ヶ月で達成。新たに目標設定をして「楽しんで成長するランニング」を継続。現在53歳、50代でもやれます!

ハーフマラソン 11走目

鴻巣パンジーマラソン

アールビーズの大会100選に入っている大会。

1時間50分17秒

ネット 1時間49分20秒

GARMINでは20.91km、1時間49分22秒。

今週も全く走れていない上に寝不足。走り始めた根本の目的は「健康」なので、寝不足が積み重なった状態で走るのは目的から外れてしまうのだが、大会をモチベーションにしているのも事実なので、走ることにした。

 

電車を乗り継いで2時間強。鴻巣駅に着く。改札を出ると案内板を掲げたスタッフさん。

f:id:smc-kota:20180303125903j:image

右に向かって、後は人の流れに乗って会場へ。歩道の脇には小さな花壇とプランターが50mおきくらいにあり、パンジーの花が植えられている。大会名に沿った出迎え。

f:id:smc-kota:20180303130114j:image

20分ほど歩いて会場に着くと、思っていたよりも賑やか。

 

1人にバナナ1本の無料配布サービス。

f:id:smc-kota:20180303130243j:image

トイレは常設仮設合わせてそこそこの数があり、さほど待たずに済んだ。

 

スタートは陸上競技場のトラックから。

f:id:smc-kota:20180303130442j:image

f:id:smc-kota:20180303130447j:image

定刻の9:30にスタート。

まともに走れる気がしなかったので、あまり考えずに気分に従って走ってみることにした。最初の1kmは5:30で以降は5:10台後半。続く自信も無かったが「行くとこまで」という気持ち。コースはフラット、快晴ながら気温はそれほど高くない。風も無くて、まさにマラソン日和。

そして、うまい具合に付いていく人が次々と見つかるので、自然とペースキープ。

ハイテクハーフマラソンのTシャツを着て、きれいなフォームで走るお姉さん(ご婦人と呼ぶべきかもしれないが、自分よりは間違いなくお若い)

白山白川郷ウルトラのTシャツを着たおじさん

NIKEのgyakusouTシャツのお兄さん

ピンクゼブラ柄Tシャツのお姉さん(同上)

皆さん、ありがとうございました。

そして15kmから登場したグリーン格子柄Tシャツの紳士。恐らく70代。この方が16kmからペースアップして5分飛び台に上がる。これになんとか付いていく。どんどん抜いていくのでテンション上がる。

19km表示のところで時計を見ると1時間39分40秒。ここで「50分切りたい」となんか知らないが思った。そこでアドレナリン出たのかもしれない。紳士を抜いて更にペースアップ。Av.4分40秒で2kmを走ってゴール。

グロスは届かなかったが、ネットでは初めての1時間50分切り。

ハーフPB4分の更新。

何がなんだかわからないが、こういう日もあるということか。

 

ゴール後は参加賞(買い物に使えそうな小ぶりのトートバッグ)と記録証をもらって、着替える。

それから、無料サービスの豚汁をもらう。

f:id:smc-kota:20180303132433j:image

更に110円で売っていた「こうのすコロッケ」を1つ。じゃがいもと玉ねぎが美味しい。

f:id:smc-kota:20180303132550j:image

 少し落ち着いたところで会場を出る。

 

駅までの道に丸亀製麺は無いのはわかっていたので、2月の2回のレース後に食べた「丸亀製麺釜あげうどん」のパターンは無し。でもうどんが食べたくて検索すると、川幅うどんという名物があるようで、その有名店として出てきた長木屋さんへ。 

f:id:smc-kota:20180303141210j:image

ラソン帰りで同じ事を考えた人が多いようで大繁盛。1時間近く待ってしまった。

名物の川幅うどんを注文。昔からある名物ではなく、近年新たに作られたもの。

f:id:smc-kota:20180303141348j:image

まるで餃子の皮を長くしたかのようだが、うどんらしいコシはあり、美味しい。具沢山とも相性良し。

f:id:smc-kota:20180303141506j:image

f:id:smc-kota:20180303141509j:image

充分満足して、帰路へ。